医療安全対策加算

この記事は約15秒で読めます

医療安全対策加算とは、組織的な医療安全対策を実施している保険医療機関を評価したもので、入院初日のみ算定できる加算である。医療安全対策加算1が85点、医療安全対策加算2が35点と定められている。加算1は専従、加算2は専任の薬剤師、看護師等を医療安全管理者として配置されていることが主な違いである。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 中島彩子
更新日:2014/11/5

関連記事

  1. 2016.05.22

    地域医療構想
  2. 2014.06.29

    事務連絡
  3. 2014.06.08

    4P

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ログイン

医師の採用にお困りなら…

エムスリーキャリアにご相談ください。

ご連絡はこちら

病院経営事例集とは

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。