【病院経営単語】地域医療連携推進法人

この記事は約13秒で読めます

33.経営単語_記事画像

地域医療連携推進法人とは、地域医療構想を達成するための1つの選択肢として創設された、非営利一般社団法人のこと。地域の医療法人を束ね、医療機関や介護施設の機能分担や、業務の連携を推進する制度。2017年4月から施行された。都道府県知事により認可される。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 増田悠希

関連記事

  1. 2014.06.08

    LTV
  2. 2014.06.05

    国民健康保険

ログイン

医師採用「順調ではない」病院の8割が望む機能を実現!

新サービス・M3 Careerプライムとは
【 記事を読む 】

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。