【病院経営単語】介護支援連携指導料

この記事は約13秒で読めます

33.経営単語_記事画像

介護支援連携指導料とは、入院中から医療関係職種と介護支援専門員が連携し、退院後のケアプラン作成につなげるための評価。患者に対し、患者の心身の状況を踏まえ、望ましい介護サービスや各地域において提供可能な介護サービス等の情報提供した場合、入院中2回限り算定できる。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 徳江 楓

[adrotate group=”9″]

関連記事

  1. 2014.06.05

    QOD
  2. 2014.06.05

    EBM
即戦力の医師を、急いで採用したいなら

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。