医薬分業

この記事は約10秒で読めます

病院経営単語_医薬分業
医薬分業とは、薬の処方と調剤を分離し、それぞれを医師・薬剤師で分担して行うことである。目的として、質の高い医療サービスの提供や安全な薬の利用、医療費の適正化がある。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 中島彩子
更新日:2014/11/5

関連記事

  1. 2014.06.05

    MR
  2. 2016.03.09

    医療クラーク
  3. 2014.06.05

    基本診療料

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ログイン

アンケートご協力のお願い

ユーザーの皆様によりよい情報提供を行うべく、読者アンケートを実施中です。

所用時間:2分程度
回答期限:2019/6/21(金)

【回答はこちらから】

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。