在宅医療(訪問診療)

この記事は約15秒で読めます

65.経営単語_記事画像
在宅医療(訪問診療)とは、病院や自治体と連携しながら自宅での療養を希望する患者の居宅に医療者が定期的に往診、訪問し、適切な医療器具や薬剤を利用して計画的・継続的に行う治療のことである。2012年度診療報酬改定から、機能強化型在宅療養支援診療所(在支診)の評価などが行われている。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 川井 紗織
更新日:2014/12/22

関連記事

  1. 2016.02.10

    FIM得点
  2. 2014.06.29

    後期研修医

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

表示の不具合について

現在、一部の記事にアクセスできない事象が起こっています。ご迷惑をお掛けしますが、目下、不具合の解消に努めております。 何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

ログイン

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。