患者申出療養(仮称)

この記事は約17秒で読めます

患者申出療養(仮称)とは、患者からの申出があった場合、保険診療で認められていない医療を、迅速に保険外併用療養として利用できる仕組みのこと。治療の選択肢を拡大する事が目的となっている。保険診療と保険外診療の併用を限定的を認める現行の「保険外併用療養費制度」との違いは、国による審査・承認が早くなる点や、治療できる病院が増える点などがある。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 正村茉佑
更新日:2014/12/22

関連記事

  1. 2014.06.05

    ADL
  2. 2014.06.05

    国民医療費
  3. 2014.06.05

    MR

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

スパム対策のため、日本語が含まれない場合は投稿されません。ご注意ください。

ログイン

年収600万円の医事課長求人

注目の求人をご紹介!
※ 充足している場合もあります。

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。