15対1

この記事は約13秒で読めます

15対1とは、入院患者15人に対して、常時看護師1人以上を配置するというもの。主に亜急性期病院で多くとられる体制で、病院を運営していく上で必要最低限の看護師配置である。7対1と比較すると離職率が高い傾向がある。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 黒岩美貴
更新日:2014/11/5

関連記事

  1. 2016.05.22

    地域医療構想
  2. 2014.06.29

    医療圏
  3. 2014.06.05

    コンビニ受診

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ログイン

<毎月開催>地域包括ケア病床 導入・転換セミナー

施設基準から届出対応方法まで専門のコンサルタントが解説します

【 詳細・お申し込みはこちら 】

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。