【病院経営単語】小児入院医療管理料

この記事は約15秒で読めます

33.経営単語_記事画像

小児入院医療管理料とは、特定入院料の一つであり、小児医療を行うにつき十分な体制を確保する観点から導入された。同管理料を届け出た保険医療機関に入院中の15歳未満の患者、また、小児慢性特定疾患医療支援対象者である場合は、20歳未満の患者を対象とする。平均在院日数や人員配置などによって点数が5つに区分される。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 齋藤 美友

関連記事

  1. 2014.06.05

    混合診療
  2. 2014.06.29

    医療圏
  3. 2014.06.08

    CRM

ログイン

業界最大級!

医師利用者数≪年間1万人以上≫の医師紹介サービス
エムスリーキャリアにご相談ください。

お問い合わせはこちら

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。