【病院経営単語】小児入院医療管理料

この記事は約15秒で読めます

33.経営単語_記事画像

小児入院医療管理料とは、特定入院料の一つであり、小児医療を行うにつき十分な体制を確保する観点から導入された。同管理料を届け出た保険医療機関に入院中の15歳未満の患者、また、小児慢性特定疾患医療支援対象者である場合は、20歳未満の患者を対象とする。平均在院日数や人員配置などによって点数が5つに区分される。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 齋藤 美友

メルマガ登録 受付中!

1万人以上が購読している「病院経営事例集メールマガジン」。
医療機関の経営層・事務職の方々に、耳寄り情報をお届けしています!

【メルマガ会員登録はこちら】

関連記事

  1. 2016.02.02

    5疾病5事業
  2. 2014.06.05

    基本診療料
  3. 2014.06.08

    1次データ

ログイン

<毎月開催>地域包括ケア病床 導入・転換セミナー

施設基準から届出対応方法まで専門のコンサルタントが解説します

【 詳細・お申し込みはこちら 】

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。