【病院経営単語】特定内科診療

33.経営単語_記事画像

特定内科診療とは、内科系の疾患・病態で、入院基本料には包含が困難で内科的治療上極めて多くの医療資源を要する26の重篤の急性疾患・病態。外科系技術に重きを置かれており、内科系技術の評価が欠落したため、内科技術評価法の1つとして定められた。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 高野 稚依菜

[adrotate group=”9″]

関連記事

  1. 2014.06.06

    SWOT
  2. 2014.06.05

    QOL

医師の働き方改革

病院経営事例集アンケート

病院・クリニックの事務職求人

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。