【病院経営単語】キャリーオーバー医療

この記事は約10秒で読めます

33.経営単語_記事画像

キャリーオーバー医療とは、小児期に慢性疾患や先天性疾患を抱えた患者が、成人期に移行した際に受ける医療のこと。医学や技術の発達に伴い、小児医療が進歩したことで救命され、長期生存して成人期に移行する。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 増田悠希

「地域包括ケア病床」の導入検討セミナー開催中!

全国各都市で開催中!
病床転換・導入を検討中なら、まずはご参加ください。

> 詳細はこちら <

関連記事

  1. 2016.03.24

    混合診療
  2. 2016.03.02

    医療保険
  3. 2014.06.05

    SPD

ログイン

業界最大級!

医師利用者数≪年間1万人~≫の医師紹介サービス
エムスリーキャリアにご相談ください。

お問い合わせはこちら

病院経営事例集とは

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。