維持期リハビリテーション

この記事は約24秒で読めます

55.経営単語_記事画像

維持期リハビリテーションとは、獲得した機能をできるだけ長期に維持すること目的としてリハビリテーションのこと。
2016年度診療報酬改定では、医療・介護でのリハビリテーションの取り扱いの指針が示され、平成30年までの期限の中で急性期、回復期リハビリテーションは主に医療保険、要介護保険者等の維持期リハビリテーションは主に介護保険、という枠組みへの移行の施策が示されました。
リハビリテーションについて評価の適正化の一環としての施策であり、介護保険への移行を図る意図が汲み取れます。

詳細はコチラ

最新の経営事例もメルマガでお届け
メルマガ登録はこちら

関連記事

  1. 2015.12.21

    マイナス1.03%
  2. 2014.06.06

    SWOT
  3. 2016.01.29

    MS

ログイン

業界最大級!

医師利用者数≪年間1万人~≫の医師紹介サービス
エムスリーキャリアにご相談ください。

お問い合わせはこちら

病院経営事例集とは

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。