【病院経営単語】平均在院日数

この記事は約12秒で読めます

33.経営単語_記事画像

平均在院日数とは、入院から退院までの在院期間を示す平均的な数値であり、病床の効率的な管理運営を図るために用いられる指標である。入院費は基本的に在院日数に正比例するため医療費を抑える手段として平均在院日数の短縮が求められる。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 松本 静流

メルマガ登録 受付中!

1万人以上が購読している「病院経営事例集メールマガジン」。
医療機関の経営層・事務職の方々に、耳寄り情報をお届けしています!

【メルマガ会員登録はこちら】

関連記事

  1. 2014.06.05

    委託率
  2. 2014.06.29

    損税問題

ログイン

医師不在5年の診療科で採用を実現
採用担当者が求職中の医師の一覧を見て、自らオファーする――。
「採用の概念を覆す」オファー機能の効果とは?

【記事を読む】

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。