【特集】M3Careerプライム採用成功事例

採用市場の把握・気になる求職者へのオファーが手軽に実現できる『M3 Career プライム』。ご利用施設様では、オファー機能を活かして採用に成功した事例が生まれており、中には東京希望の医師を地方病院が採用したケースや、病院希望の医師をクリニックが採用したケースも。その一部をご紹介します。

九州南部の急性期病院×東京希望の医師

先進的な医療体制・取り組みで地域に知られるA病院。強みを持ちながらも、九州という立地などの問題から、診療科によっては医師が充足していなかったといいます。病院運営のためにさらなる医師のリクルートが不可欠と考えた法人は、ある採用手法を新しく導入。東京勤務を希望していた医師の採用に成功します。急成長中の法人を支える採用担当者は、どのような戦略を描いているのでしょうか。1000kmの距離を超えた採用の、舞台裏に迫ります。(記事はコチラ

山梨県のケアミックス病院×東京希望の医師

地方独立行政法人 大月市立中央病院は地域密着型のケアミックス病院(一般64床、地域包括ケア24床、療養37床の計125床※)として、山梨県の地域医療を支えています。しかし、慢性的な常勤医不足から経営は悪化の一途をたどり、市からの赤字補填額は一時5億円以上に。所属医師の高齢化が進んでいたこともあり、佐藤二郎理事長は「経営再建には常勤医の確保が不可欠」と、新たな採用手法を取り入れました。コロナ禍の影響も懸念される中、積極的な採用活動を続け、5カ月で2名の医師の採用に成功します。それも30-40代の働き盛りです。短期間で、しかも他エリア勤務希望の医師を採用できた理由とは? 佐藤理事長が、採用にかける思いを語りました。
※稼働病床数(記事はコチラ

茨城県のケアミックス病院×東京希望の医師

看板診療科の部長の退職をきっかけに、医師体制の強化を急いでいた社会医療法人若竹会 つくばセントラル病院(313床、茨城県)。人口10万人当たりの医師数が全国ワースト2位の医師少数県ということもあり、茨城県で働くつもりのなかった医師にもアプローチしたところ、オファーから1か月以内で採用に成功。魅力度ランキング最下位でもある同県で、他エリア希望の求職者を振り向かせた採用手法や交渉術とは?総務課長の久松辰男氏に、取り組みの全容を聞きました。
(記事はコチラ

神奈川県のクリニック×神奈川県希望の医師


神奈川県内で2つのクリニックを運営する医療法人社団 天友会。新規分院の立ち上げに伴い、相模原市にあるクリニックの院長候補を採用することになりました。複数の医師紹介会社と契約したものの、都心を希望する医師が多いためか、紹介の連絡はほとんどありません。待つことしかできない状況にしびれを切らした事務局長の門村達也氏は、“攻めの採用”に舵を切りました。求職中の医師にオファーを出し始めたことで、約2カ月で採用に至ったのです。門村氏は、スピード採用の勝因について「求人の内容を、『来ていただきたい』と思った1人の医師の心に刺さるような内容にアレンジしたこと」と語ります。(記事はコチラ

「良い先生が見つからない」そんなお悩みをお持ちなら

データベースで求職者のプロフィールを見て
要件に合う先生にオファーを出せる、新たな採用ツールをご存知でしょうか

ログイン

医師人材紹介会社から連絡がない…
とお困りの医療機関様へ


採用要件に合う医師を自らスカウト!
人材紹介会社130社に求人情報を掲載できます

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。