サービス紹介:地域包括ケア病床 導入・転換支援サービス

地域包括ケア病床の導入・転換のメリットは・・・
「地域の患者・住民が安心して暮らせる」だけでなく「病院経営」にもプラスが見込めます。
例えば…
・年間6,000万円の増収、安定した収益確保 (10対1病院30床を転換した場合)
・多部門横断プロジェクトによる多職種連携の強化  などの実現が、エムスリーキャリアのサポートにより見込めます。

こんな病院から、転換のご相談が増えています

エムスリーキャリアのサポートによる病床転換事例

坂井市立三国病院(福井県坂井市)

坂井市立三国病院 外観

福井県の県北エリアで、135年以上の歴史を持つ地方公立病院。中でも産婦人科と小児科は二次医療圏唯一で、地域医療を支え続けています。半面、自治体の補助金を補填してもなお経営は厳しく、新公立病院改革プランに沿った経営改革は待ったなしの状況に迫られていました。しかし、事務職員が自治体職員のため医療や病院に関する専門知識・経験が蓄積されず、病床再編を実行したくてもできない状況が続いていたため、エムスリーキャリアがサポートに入り、2017年7月には一般病床105床のうち43床を地域包括ケア病床へ転換しました。

エムスリーキャリアのサポートによる病床転換の流れ


病棟運営に関しては医師や看護部門に任せきりではなく、医事課もベッドコントロールに参加。


医師・看護師・リハビリ部門が一丸となって、退院調整を進めていくマインドが醸成された。


社会福祉士2名が基幹病院等との前方支援、看護師2名が介護施設等との後方支援を担当。
他、アシスタント1名の5名体制で、連携先は地域包括ケア病床導入前の2倍に。

まずは無料シミュレーション、個別相談も承っています


お問い合わせはこちら

エムスリーキャリアが選ばれる理由

コンサルタント紹介

福田陽子(ふくた・ようこ)

経営支援事業部 病院経営支援グループ ビジネスディレクター
主な担当:チーム統括、地域包括ケア病床の導入・運用サポート全般
早稲田大学卒業後、複数の業界において新規サービス開発や経営改善に従事。現在は僻地から都市部まで全国の医療機関に対し、医師採用や病床再編などの支援を行う。圧倒的なスピードと分かりやすさに定評がある。

河内舜(かわち・しゅん)

経営支援事業部 病院経営支援グループ ビジネスディレクター
主な担当:地域包括ケア病床の導入・運用サポート
慶應義塾大学卒業後、公認会計士の資格を取得し、監査法人に勤務。医療機関の監査経験を生かすためエムスリーキャリア株式会社へ入社。会計監査実務と病院経営支援の経験を基に、顧客目線での支援に尽力中。

【このサービスに関連する記事一覧】

地域包括ケア病棟の導入、2つのメリット―専門家に聞く導入事情
地域包括ケア病床、導入と運用のこれから~サブアキュート強化への処方箋~
地域包括ケア病棟導入ドキュメント 東北地方の中小病院が挑んだ6カ月間―医療法人社団愛生会 昭和病院
赤字の公立病院を立て直す。“オール三国”で導入した地域包括ケア病床の成果―福井県坂井市立三国病院

お申し込み・お問い合わせについて

【累計参加430名突破】 関連セミナーを無料開催中

まずはセミナーにご参加ください!
毎月、よくある悩みに応じたテーマを設け、セミナーを開催しています。本ページにて記載のトップコンサルタントが実際の事例をもとに、地域包括ケア病床を徹底解説。その場で無料相談も承っております。

■こんな方におすすめ
・まずは簡単な情報収集をしたい
・自院の目指すべき方向性を検討したい
・プロジェクトの実行について事例を聞いてイメージを持ちたい

このページに関するお問い合わせ先

エムスリーキャリア株式会社 経営支援事業部 病院経営支援グループ
TEL:03-6895-5182  E-mail:hp-consulting@m3career.com
※「病院経営事例集」を見たとお伝えいただくとスムーズです。