【病院経営単語】医療施設近代化施設整備事業

この記事は約17秒で読めます

33.経営単語_記事画像

医療施設近代化施設整備事業とは、国立、都立等を除く病院における療養病棟の整備や、病内環境、医療従事者の職場環境の改善を進めるために設立された事業。また、国立、都立等を除く、へき地や都市部の診療所において、事業継続のための整備を促進して、経営の支援を図る。補助金の算定方法は、各都道府県の医療施設近代化施設整備費補助金交付要綱に記載されている。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 白石義訓

<管理職向け>病院ハイクラス層の転職支援セミナー

5年後、10年後に求められる事務管理職とは――?
黒字病院の実行力を支えるスキルと、リアルな転職事情を解説します

<開催日時>
2019年6月 4日(火)  18:30~19:30
2019年6月13日(木) 18:30~19:30
2019年6月21日(金) 18:30~19:30
2019年6月28日(金) 18:30~19:30

<会場詳細>
【東京】エムスリーキャリア株式会社内 会議室
東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス15階

【 詳細・お申し込みはこちら 】

関連記事

  1. 2014.06.05

    BSC
  2. 2014.06.05

    DPC

ログイン

<毎月開催>地域包括ケア病床 導入・転換セミナー

施設基準から届出対応方法まで専門のコンサルタントが解説します

【 詳細・お申し込みはこちら 】

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。