【病院経営単語】特定行為区分

この記事は約12秒で読めます

33.経営単語_記事画像

特定行為とは、診療の補助であり、看護師が手順書により行う場合に、より高度な専門知識・技術等が必要と考えられる行為である。現在は38の項目がある。特定行為区分は、この38項目の特定行為を、21区分に分類したもの。2015年10月に施行された。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 増田悠希

関連記事

  1. 2014.06.08

    PEST
  2. 2014.06.05

    混合診療
  3. 2014.06.05

    ICD-10
  4. 2016.03.24

    混合診療

ログイン

<毎月開催>地域包括ケア病床 導入・転換セミナー

施設基準から届出対応方法まで専門のコンサルタントが解説します

【 詳細・お申し込みはこちら 】

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。