【病院経営単語】特定集中治療室管理料

この記事は約13秒で読めます

33.経営単語_記事画像

特定集中治療室管理料とは、医師が特定集中治療室管理を必要であると認めた者に、一定の基準を満たした手厚い治療の行える集中室で管理が行われた際に算定される。平成28年度の診療報酬改定により重症者の定義が「A項目4点以上かつB項目3点以上の患者」に引き上げられた。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 土谷尚之

メルマガ登録 受付中!

1万人以上が購読している「病院経営事例集メールマガジン」。
医療機関の経営層・事務職の方々に、耳寄り情報をお届けしています!

【メルマガ会員登録はこちら】

関連記事

  1. 2014.06.05

    EBM
  2. 2016.03.02

    医療保険
  3. 2014.06.29

    初期研修医

ログイン

アンケートご協力のお願い

ユーザーの皆様によりよい情報提供を行うべく、読者アンケートを実施中です。

所用時間:2分程度
回答期限:2019/6/21(金)

【回答はこちらから】

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。