DPCコード

この記事は約13秒で読めます

病院経営単語_DPCコード
DPCコードは14桁の数字で表現される。その14桁の数字の事を診断群分類番号と言う。最初の2桁がMDC(主要診断群)、次の4桁が傷病名を表す数字である。続けて入院種別、年齢・出生時体重、手術、処置、副傷病、重症度で構成されている。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 佐藤美夏
更新日:2014/11/5

「経営のために医師採用は重要だが、何をしたらいいかわからない…」

このような課題をお持ちではないでしょうか
最新の求職者情報を見て、採用したい先生にオファーを出せるM3Careerプライムは
全国200以上の施設が導入済み。いまなら無料でのトライアル利用も可能です

関連記事

  1. 2014.06.05

    15対1
  2. 経営単語_記事画像_在宅医療(訪問診療)

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

スパム対策のため、日本語が含まれない場合は投稿されません。ご注意ください。

ログイン

医師採用のコンサルトを引き受けています。

医師の転職サポートをしているコンサルタントが貴院の採用をお手伝いいたします

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。