ADL維持向上等体制加算

この記事は約17秒で読めます

54.経営単語_記事画像

ADL維持向上等体制加算は、7対1・10対1の急性期病棟に理学療法士などを配置し、ADLの維持・向上を目的とした指導を行うことなどを評価するものです。
2016年度診療報酬改定では、その定義や扱いが厳格化されました。
厚労省によると、急性期における早期からのリハビテーション実施を促すとも、質や密度の高い介入を行っていると 認められる病棟の評価を充実させることが目的のようです。

詳細はコチラ

関連記事

  1. 2014.06.05

    10対1
  2. 2014.06.05

    コメディカル
  3. 2014.06.05

    MS

ログイン

年収600万円の医事課長求人

注目の求人をご紹介!
※ 充足している場合もあります。

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。