【数字で見る医療】16.8

この記事は約17秒で読めます

33.経営単語_記事画像

病床種別の平均在院日数の推移をみてみると、
2004年の精神338.0、感染症10.5、結核78.1、療養172.6、一般20.2に比べて、
2014年は精神281.2、感染症8.9、結核66.7、療養164.6、一般16.8となっており、
平均在院日数の短縮が進められています。
そのため、病床稼働率を維持するためには新規患者の獲得が必要である。

厚生労働省ホームページより

専門家の解説やケーススタディなど、医師採用ノウハウ満載の資料を
無料でダウンロードいただけます。

無料ダウンロード資料一覧を見る

関連記事

ログイン

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。