【数字で見る医療】80.7%

この記事は約23秒で読めます

33.経営単語_記事画像

2015年度地域保健・健康増進事業報告の概況によると、
市区町村が実施した歯周疾患検診の受診者数は 286,264人であり、
「要精検者」は231,091人(受診者数に占める割合は80.7%)、
「要指導者」は26,903人(受診者数に占める割合は9.4%)、
「異常認めず」は26,728人(受診者数に占める割合は9.3%)となっている。
また、市区町村における2015年度の歯周疾患検診実施率は 61.3%であり、
2011年度(55.2%)に比べて実施率が上がってきている。

厚生労働省ホームページより

専門家の解説やケーススタディなど、医師採用ノウハウ満載の資料を
無料でダウンロードいただけます。

無料ダウンロード資料一覧を見る

関連記事

ログイン

【無料】セミナー「コロナに左右されない医師採用成功のための極意」録画を公開中

「医師採用を進める上で何から手を付けていいかがわからない」
「コロナ禍の採用市場への影響を知りたい」というご担当者様は必見です
※一度登録いただくといつでも視聴可能です

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。