【数字で見る医療】3,926箇所

この記事は約23秒で読めます

33.経営単語_記事画像

傷病者の主な搬送先となる救急病院及び救急診療所の告示状況は、
2015年4月1日現在、全国で3,926箇所となっている。
初期救急医療体制としては休日、夜間の初期救急医療の確保を図るため、
休日夜間急患センターが561箇所(2015年3月31日現在)で、
第二次救急医療体制としては病院群輪番制方式及び共同利用型病院方式により
2,815箇所(2015年3月31日現在)で、第三次救急医療体制としては
救命救急センターが279箇所(平成27年10月1日現在)でそれぞれ整備されている。

総務省ホームページより

メルマガ登録 受付中!

1万人以上が購読している「病院経営事例集メールマガジン」。
医療機関の経営層・事務職の方々に、耳寄り情報をお届けしています!

【メルマガ会員登録はこちら】

関連記事

ログイン

年収600万円の事務職求人はこちら

事務長、医事課長…など
管理職求人も揃っています。

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。