【数字で見る医療】1,210病院

この記事は約20秒で読めます

33.経営単語_記事画像

小児科、産婦人科、産科を標ぼうする病院数は減少傾向にあり、
1995年から2014年にかけて、小児科は1,210病院(31%)、
産婦人科は835病院(42%)、産科は25病院(12%)減少している。
また、2015年10月1日現在、一般病院において「小児科」を標ぼうする病院数は
2,642病院(一般病院総数の 35.6%)、「産婦人科」は1,159病院(同 15.6%)、
「産科」は194病院(同 2.6%)となっている。

厚生労働省ホームページより

<毎月開催>地域包括ケア病床 導入・転換セミナー

施設基準から届出対応方法まで専門のコンサルタントが解説します

【 詳細・お申し込みはこちら 】

関連記事

ログイン

年収600万円の医事課長求人

注目の求人をご紹介!
※ 充足している場合もあります。

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。