【数字で見る医療】外科医が感じる仕事上の差別感

この記事は約25秒で読めます


日本外科学会会員(有効回答6,211人)に、仕事内容に関し差別を感じたことがあるか質問すると、女性で有意に差別感を感じている。特に、女性(子供なし)で差別感を感じるという回答が多かった。

5-point Likert scale(全く感じない(1点)~非常に強く感じる(5点))でのスコア比較
・男性:平均2.35±0.015、中央値 2.26
・女性:平均2.55±0.042、中央値 2.49
・女性(子供なし):平均2.55±0.054、中央値 2.49

『全国外科医仕事と生活の質調査 結果報告』(日本外科学会 男女共同参画委員会、日本女性外科医会)より

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ログイン

<毎月開催>地域包括ケア病床 導入・転換セミナー

施設基準から届出対応方法まで専門のコンサルタントが解説します

【 詳細・お申し込みはこちら 】

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。