【数字で見る医療】歯科医国試の合格率・合格者数(2018年)

この記事は約15秒で読めます


歯科医師の国家試験(2018年実施)結果は、合格率は77.9%(新卒者64.5%)だった。合格者数は1505人(うち新卒者数2039人)。
前回の合格者数1,983人(うち新卒者数1,426人)から大幅減になったが、合格率は前回65.0%(新卒者76.9%)から10ポイント以上も増加した。
 
第111回歯科医師国家試験の結果(厚生労働省)より

メルマガ登録 受付中!

1万人以上が購読している「病院経営事例集メールマガジン」。
医療機関の経営層・事務職の方々に、耳寄り情報をお届けしています!

【メルマガ会員登録はこちら】

関連記事

ログイン

「病院事務職求人.com」

事務長、医事課長…
非公開の管理職求人も見つかります。

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。