【数字で見る医療】歯科医国試の合格率・合格者数(2018年)

この記事は約15秒で読めます


歯科医師の国家試験(2018年実施)結果は、合格率は77.9%(新卒者64.5%)だった。合格者数は1505人(うち新卒者数2039人)。
前回の合格者数1,983人(うち新卒者数1,426人)から大幅減になったが、合格率は前回65.0%(新卒者76.9%)から10ポイント以上も増加した。
 
第111回歯科医師国家試験の結果(厚生労働省)より

<毎月開催>地域包括ケア病床 導入・転換セミナー

施設基準から届出対応方法まで専門のコンサルタントが解説します

【 詳細・お申し込みはこちら 】

関連記事

ログイン

「病院事務職求人.com」

事務長、医事課長…
非公開の管理職求人も見つかります。

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。