【数字で見る医療】患者規模100人当たり従事者数(看護職員)

この記事は約34秒で読めます


一般病院の患者規模100人当たり従事者数(看護職員)は、常勤10.3人、非常勤2.4人です。
なお、看護職員は看護師・准看護師・看護補助者を指します。

患者規模100人当たり従事者数(看護職員)は、職員数の多寡を判断するために用いる指標で、WAMによると「値が小さいほど費用削減に寄与することになります。ただし、良質なサービスを提供する上では適切な値にとどめることも重要」です。

計算式:年間平均従事者数 / (1日平均入院患者数 + 1日平均外来患者数 / 3) × 100

※全病床に占める一般病床の割合が50%を超える病院を「一般病院」としています。
※医育機関附属病院及び医師会立病院は含まれていません。
※開設後1年未満の病院は含まれていません。

独立行政法人 福祉医療機構(WAM)公開の『平成28年度 病院の経営分析参考指標』(ダイジェスト版)より

<毎月開催>地域包括ケア病床 導入・転換セミナー

施設基準から届出対応方法まで専門のコンサルタントが解説します

【 詳細・お申し込みはこちら 】

関連記事

ログイン

業界最大級!

医師利用者数≪年間1万人以上≫の医師紹介サービス
エムスリーキャリアにご相談ください。

お問い合わせはこちら

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。