【数字で見る医療】医業収益構成比(入院収入)

この記事は約30秒で読めます


医業収益の内訳は、一般病院が入院収入69.5%、外来収入26.3%です。
療養型病院と精神科病院は入院収入の割合が高くなっており、療養型病院が入院収入78.4%、外来収入12.6%であるほか、精神科病院は入院収入84.9%、外来収入11.8%となっています。

※全病床に占める一般病床の割合が50%を超える病院を「一般病院」としています。また、療養病床の割合が50%を超える病院を「療養型病院」、精神病床の割合が80%を超える病院を「精神科病院」としています。
※医育機関附属病院及び医師会立病院は含まれていません。
※開設後1年未満の病院は含まれていません。

独立行政法人 福祉医療機構(WAM)公開の『平成28年度 病院の経営分析参考指標』(ダイジェスト版)より

<毎月開催>地域包括ケア病床 導入・転換セミナー

施設基準から届出対応方法まで専門のコンサルタントが解説します

【 詳細・お申し込みはこちら 】

関連記事

ログイン

<毎月開催>地域包括ケア病床 導入・転換セミナー

施設基準から届出対応方法まで専門のコンサルタントが解説します

【 詳細・お申し込みはこちら 】

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。