【数字で見る医療】指定取消の減少率

この記事は約59秒で読めます


2016年度に保険医療機関(医科)への指導・監査が実施された結果、取消件数は以下の通りだった。
件数は、少なくとも過去4年間は減少傾向が続き、2012年度(42件)から約81%減少している。
取消の原因のほとんどは不正請求(架空請求、付増請求、振替請求、二重請求)だった。

取消の件数

※カッコ内は対前年度比

・取消(取消相当含む):8件(△2件)
(内訳)
・指定取消:3件
・指定取消相当:5件

・保険医等6人
(内訳)
・登録取消:5人
・登録取消相当:1人

主だった事例

・所在地:北海道
・不正区分:架空請求、付増請求、その他の請求 (返還金額 8,204 千円)

1.監査に至った経緯

個別指導を実施したところ、診療録と診療報酬明細書に診療実日数、薬剤、検査等の不一致が多数見られた。開設者にこれらの説明を求めたところ、診療報酬を不正に請求していたことを認める旨の説明があり、不正な診療報酬の請求が疑われたことから個別指導を中止し、監査を実施した。

2.監査結果

・実際には行っていない保険診療を行ったように装って、診療報酬を不正に請求していた。
・実際に行った保険診療に行っていない保険診療を付け増して、診療報酬を不正に請求していた。
・保険診療と認められないものを、保険診療を行ったように装って、診療報酬を不正に請求していた。

3.処分等

平成28年8月1日 保険医療機関の指定取消、保険医の登録取消

『平成28年度における保険医療機関等の指導・監査等の実施状況について』(厚生労働省)より

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

スパム対策のため、日本語が含まれない場合は投稿されません。ご注意ください。

ログイン

<毎月開催>地域包括ケア病床 導入・転換セミナー

施設基準から届出対応方法まで専門のコンサルタントが解説します

【 詳細・お申し込みはこちら 】

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。