【数字で見る医療】適時調査の増加率

この記事は約26秒で読めます


2016年度に保険医療機関(医科)に対して実施された指導・監査は以下の通りだった。
特徴として、適時調査の大幅な増加が見られ、2012年(2,217件)と比較すると1.5倍増になっている。
一方で監査は、減少傾向にあり、2012年(53件)からほぼ半減している。

  1. 個別指導:1,601件(+35件)
  2. 新規個別指導:2,154件(△16件)
  3. 集団的個別指導:4,630件(+325件)
  4. 適時調査:3,356件(+795件)
  5. 監査:28件(△9件)

※カッコ内は対前年度比

『平成28年度における保険医療機関等の指導・監査等の実施状況について』(厚生労働省)より

<毎月開催>地域包括ケア病床 導入・転換セミナー

施設基準から届出対応方法まで専門のコンサルタントが解説します

【 詳細・お申し込みはこちら 】

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ログイン

必見!「病院事務職求人.com」

求人数500件以上!
"病院事務職"に特化した求人サイトです。

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。