【数字で見る医療】指導・監査による返還金額

この記事は約21秒で読めます


2016年度に保険医療機関等(医科・歯科・薬局)への指導・監査が実施された結果、保険医療機関等が返還を求められた金額は約89億円(△約35億4千万円)だった。
その内訳は以下の通り。

・指導による返還分:約40.9億円(△約4.2億円)
・適時調査による返還分:約43.6億円(△約32.7億円)
・監査による返還分:約4.5億円(+約1.5億円)
※カッコ内は対前年度比

『平成28年度における保険医療機関等の指導・監査等の実施状況について』(厚生労働省)より

院長・事務長におすすめ!無料メルマガの登録 受付中!

約5千人が購読している「病院経営事例集メールマガジン」。
医療機関の経営層・事務職の方々に、耳寄り情報をお届けしています!

【メルマガ会員登録はこちら】

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

スパム対策のため、日本語が含まれない場合は投稿されません。ご注意ください。

ログイン

クリニック特有の医師採用のお悩みに専門家がお答え!
急募のクリニック様は必読です

「クリニックのための医師採用ガイド」ダウンロードはこちら

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。