【数字で見る医療】外科医のキャリアを妨げる要因

この記事は約35秒で読めます


日本外科学会会員(有効回答6,211人)に「キャリア形成に障害となっているもの」(複数選択可)を聞いたところ、以下のような理由が挙げられた。

1位:労働条件の悪さ(34.1%)
2位:自分の能力(33.2%)
3位:自分の体調・体力(29.6%)
4位:金銭的な問題(18.8%)
5位:職場の人間関係(14.9%)
6位:専門教育を受けられない(14.6%)
7位:適した就職先が探せない
8位:子供の教育(8.8%)
9位:出産・育児(6.8%)
10位:家族の支援のなさ(3.6%)
11位:結婚(3.3%)
12位:配偶者の転勤・留学(1.8%)
13位:職場の性差別(0.7%)
14位:その他(10.5%)
 ※医局人事、職場環境(雑用やアルバイトが多すぎる等

『全国外科医仕事と生活の質調査 結果報告』(日本外科学会 男女共同参画委員会、日本女性外科医会)より

関連記事

  1. 2015.12.21

    +0.49%

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ログイン

経営企画職の求人あります。

経営幹部候補や医業コンサルタント等の求人をご紹介!

※ 充足している場合もあります。

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。