【数字で見る医療】女性外科医が同僚のとき支障を感じるか

この記事は約14秒で読めます


女性外科医が同僚として勤務する場合、支障となると感じるかどうかを日本外科学会会員(有効回答6,211人)に聞いたところ、感じないと答えた割合は58.8%で、感じると答えた割合(16.9%)を大きく上回った。

『全国外科医仕事と生活の質調査 結果報告』(日本外科学会 男女共同参画委員会、日本女性外科医会)より

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ログイン

事務職求人なら
エムスリーキャリア

全国約1000件の求人数!
・大病院からクリニックまで
・病院Gr/社医法人/公立病院
・事務長/課長/課員、他…

お問い合わせはこちら

病院経営事例集とは

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。