医療メディエーター

この記事は約10秒で読めます

医療メディエータ―とは、医療事故が発生したときに患者と医療者間で揉め事が起きた場合、問題解決に導く仲介役のこと。また、問題解決だけでなく患者と医療者間の関係の修復なども行う。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 大竹玲奈
更新日:2014/11/5

関連記事

  1. 2014.06.05

    DRG
  2. 2014.06.29

    医療費亡国論
  3. 2014.06.29

    後期研修医

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

スパム対策のため、日本語が含まれない場合は投稿されません。ご注意ください。

ログイン

半年で、30-40代の医師2名を採用!

M3Careerプライムは、地方病院のスピード採用を実現します。 詳しい事例はこちら

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。