新たな財政支援制度(基金)

この記事は約19秒で読めます

28.経営単語_記事画像
新たな財政支援制度(基金)とは、在宅医療の推進や医療従事者の確保・養成、病床の機能分化・連携を図るため、社会保障制度改革プログラム法に盛り込んだ新たな制度である。各都道府県への交付額は、2014年度で904億円。地域にとって必要な医療・介護事業に適切かつ公平に基金が分配されるよう国から都道府県に求めるなどの対応を行う予定。正式名称は「地域医療介護総合確保基金」。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 白石真那
更新日:2014/12/22

<管理職向け>病院ハイクラス層の転職支援セミナー

5年後、10年後に求められる事務管理職とは――?
黒字病院の実行力を支えるスキルと、リアルな転職事情を解説します

<開催日時>
2019年5月27日(月) 18:30~19:30
2019年6月 4日(火)  18:30~19:30
2019年6月13日(木) 18:30~19:30
2019年6月21日(金) 18:30~19:30
2019年6月28日(金) 18:30~19:30

<会場詳細>
【東京】エムスリーキャリア株式会社内 会議室
東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス15階

【 詳細・お申し込みはこちら 】

関連記事

  1. 2014.06.29

    医業収益
  2. 2014.06.05

    QOD

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ログイン

アンケートご協力のお願い

ユーザーの皆様によりよい情報提供を行うべく、
アンケートを実施いたします。

所用時間:2分程度
回答期限:2019年6月21日(金)

回答はこちらから

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。