日本精神科病院協会(日精協)

この記事は約16秒で読めます

110.経営単語_記事画像_日精協
日本精神科病院協会(日精協)とは、国民の精神保健向上と精神疾患をもつ患者への適切な医療の提供、患者の人権の擁護や社会復帰を支援することを目的として、1949年に私立の精神科病院を中心に設立された。
精神科病院や精神障害者の医療施設などの資質の向上とその発展をはかるために活動している。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 掛川央子
更新日:2014/12/22

[adrotate group=”7″]

関連記事

  1. 2014.06.05

    DPCコード

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

スパム対策のため、日本語が含まれない場合は投稿されません。ご注意ください。

即戦力の医師を、急いで採用したいなら

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。