疑義解釈

この記事は約16秒で読めます

疑義解釈とは、診療報酬算定などについて医療機関などから受けた問い合わせを取りまとめた資料。厚生労働省から都道府県などに事務連絡とともに発出される。診療報酬算定時に発生した各々の疑義についてQ&A形式で記載され、算定の可否や加算の施設基準などの詳細な回答である。
※本項は、医療行政に限定した説明です。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 大川喜代美
更新日:2014/12/22

関連記事

  1. 2014.06.06

    KSF

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ログイン

<毎月開催>地域包括ケア病床 導入・転換セミナー

施設基準から届出対応方法まで専門のコンサルタントが解説します

【 詳細・お申し込みはこちら 】

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。