【数字で見る医療】8.5分

この記事は約11秒で読めます

20150414 救急車の搬送時間

総務省の2014年の発表データによると、救急自動車による現場到着所要時間は、全国平均で8.5 分で、前年と比較して0.2 分延伸している。これは、救急出動件数の増加により、現場直近の署所以外から出動することが多くなっていること等が要因と考えられている。

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

スパム対策のため、日本語が含まれない場合は投稿されません。ご注意ください。

ログイン

【先着50施設限定】選べる無料キャンペーン実施中

医師採用「順調ではない」病院の8割が望む機能を実現。
M3 Careerプライムでかなえる“攻め”の採用活動とは?

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。