【数字で見る医療】約2倍

この記事は約19秒で読めます

33.経営単語_記事画像

妊娠中の喫煙は母体への影響だけでなく、胎児の発育に対する悪影響が懸念されます。
喫煙している妊婦から生まれた赤ちゃんは喫煙していない妊婦から生まれた
赤ちゃんに比べて低出生体重児となる頻度が約2倍高くなっています。
さらに、喫煙している妊婦は喫煙していない妊婦に比べ、早産、自然流産、
周産期死亡(妊娠28週以降の死産と、生後1週間以内の早期新生児死亡)
の危険性が高くなっています。

厚生労働省ホームページより

関連記事

ログイン

<毎月開催>地域包括ケア病床 導入・転換セミナー

施設基準から届出対応方法まで専門のコンサルタントが解説します

【 詳細・お申し込みはこちら 】

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。