【病院経営単語】PFM

この記事は約14秒で読めます

33.経営単語_記事画像

PFM(Patient Flow Management)とは、入退院マネジメント強化の手法であり、平均在院日数の短縮や病床稼働率の向上、在宅復帰率の向上等に効果がある。超高齢社会を迎え、様々な理由で退院の困難な症例への対応として、PFM導入に取り組む病院は全国的に増加している。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 酒井千賀子

【好評につき東京・大阪・名古屋・福岡で増回決定!】
<無料>病院対象の人事制度セミナー


『退職理由「家庭の事情」は40%がウソ!? 離職を止める本当の方法』
『評価を一方的なA・B・Cにしても生産性はあがらない』
『人件費の適正化を離職を回避して行う方法』

★お申し込みはこちらをクリック★

関連記事

  1. 2016.03.24

    混合診療
  2. 2014.06.08

    STP

ログイン

事務職求人ならエムスリーキャリア

全国600件以上!幅広く取り揃えています!
・大病院からクリニックまで
・病院Gr、社医法人、公立病院…
・事務長、課長、課員、他…

お問い合わせはこちら

記事カテゴリー

Facebook

病院経営事例集とは

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。