医師採用のコツ教えます~医師平均年齢57歳の病院が若手・中堅5名を採用できた理由【後編】

この記事は約3分37秒で読めます

145床で急性期・回復期を担う武蔵ヶ丘病院(熊本県)。医師の平均年齢が56.7歳だった同院は、1年間で30~40代の5名の医師の採用に成功し、組織の若返りを果たします。採用ノウハウがほとんどなかった同院が利用したのが、採用活動の窓口をまるごと委託できるエムスリーキャリアの「医師採用窓口アウトソーシングサービス」(採用OS)です。 エムスリーキャリアで医師の転職をサポートしているコンサルタントと、病院の採用を支援している採用OS担当者が、同院の採用活動を振り返り、“いい医師”からの応募を増やすコツについて話しました。

舘野 雄一(たての・ゆういち):医師採用コンサルタント
エムスリーキャリア株式会社 医師キャリア事業部 常勤紹介グループ九州中四国チーム

池田 聖人(いけだ・まさと):医師採用窓口アウトソーシングサービス担当
エムスリーキャリア株式会社 医師キャリア事業部 採用アウトソーシンググループ

病院のアピールポイントを抽出し、採用パンフレットを作成

――医師採用窓口アウトソーシングサービス(採用OS)を導入する前の、武蔵ヶ丘病院のイメージはどのようなものでしたか。

舘野雄一氏(医師専門の転職支援コンサルタント)

以前は施設が古くて、かつ年配の医師が多かったため、正直なところ「若手から中堅の求職者が積極的に応募したがる病院」というイメージではなかったように思います。それが2015年12月に新築移転したことと、採用OSが導入されて若手・中堅の医師が入り始めたことが、採用活動の追い風になりました。

――採用OSでは、武蔵ヶ丘病院の採用活動の窓口として、具体的にどのようなことをしましたか。

池田聖人氏(採用OS担当)

武蔵ヶ丘病院の医師向け病院説明パンフレット

まず医師に対する武蔵ヶ丘病院のアピールポイントとして、次の3つを抽出しました。

  • 設備と人間関係の双方が整った、働きやすい環境
  • 残業時間が少なく、ワークライフバランスを保った働き方が可能
  • 地域医療に貢献したい方におすすめ

武蔵ヶ丘病院の魅力は、新築だというハード面だけでなく、部活動などで職員間のコミュニケーションの活性化を図っている点にもあります。現職の医師のほとんどが定時に帰宅していることも大きなアピールポイントです。また、医療から介護まで包括したサービスを展開しており、若年層の多い地域が近隣にあることから、幅広い患者層の経験が積める環境であることも強みだと感じました。

これらのポイントが分かりやすく伝わるように、武蔵ヶ丘病院のために独自の医師向け病院説明パンフレットを作成して採用に活用しました。

医師を紹介されやすい病院のポイント

――応募者を確保するために、どのような工夫をしていますか。

エムスリーキャリア株式会社 医師キャリア事業部 採用アウトソーシンググループ 池田聖人氏

池田聖人氏(採用OS担当)

どんなに魅力のある病院でも、求職者に知ってもらわないと応募は来ません。まずは病院を認知している“人数”を増やすために、エムスリーキャリアを含めて100社以上の医師人材紹介会社に求人をアピールしました。

それと、認知の“質”も大事です。人材紹介会社が認知していても、「医師に提案したい病院だ」と思っていただかないと意味がありません。だから、病院の魅力を医師視点でまとめた病院説明パンフレットの配布や、コンサルタントを招いた施設説明会などを行いました。その結果、複数の医師紹介会社を通じて7名の応募があり、5名が採用となりました。

――医師の転職をサポートするコンサルタントとして、採用OSが導入されたことでどのような影響が出たと感じましたか。

舘野雄一氏(医師専門の転職支援コンサルタント)

コンサルタントとしては、情報が充実している病院だと、医師に紹介しやすいです。詳細な情報をいただけると、医師から転職のご相談をいただいたときに「あの病院が合うかもしれない」と想起する可能性は高まりますし、自信を持って医師にご紹介しやすい。ですから、採用OSによって詳しい情報が提供されたのは助かりました。

――他に変化はありましたか。

問い合わせ対応でも助かったことがあります。私たちコンサルタントは、医師から相談を受け、医師のニーズや疑問に応じて医療機関に問い合わせをさせていただくことが多くあります。そのとき、医療機関は私たちにとって顧客ですので、「どこまで本音で伝えていいのか」と迷うことがあります。

しかし、採用OSが導入されると、病院外部の、しかも医師採用のノウハウがあるエムスリーキャリアの担当者が窓口になるため、コンサルタントとしては問い合わせをしやすいですね。

また、医師の採用は売り手市場のため、医師からの問い合わせに対するレスポンスの速さが非常に重要になりますが、採用OSの担当者はそこについてもよく理解しているため、的確なレスポンスを迅速にいただけるので助かります。

――最後に、“いい医師”からの応募を増やしたい採用担当者にメッセージをお願いします。

エムスリーキャリア株式会社 医師キャリア事業部 常勤紹介グループ 舘野雄一氏

舘野雄一氏(医師専門の転職支援コンサルタント)

採用の窓口になってくださる方は、人材紹介会社からみると“病院の顔”です。採用への意欲が伝わってくる担当者ですと、安心して医師をご紹介できます。そのような観点からも、人材紹介会社に渡す情報の質と、その提供スピードを意識いただけると、より多くの医師からご興味を持っていただけると思います。

関連記事

  1. 川越胃腸病院の小川卓氏(総務部長、医療サービス対応事務局長)

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

スパム対策のため、日本語が含まれない場合は投稿されません。ご注意ください。

ログイン

医師採用「順調ではない」病院の8割が望む機能を実現!

新サービス・M3 Careerプライムとは
【 記事を読む 】

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。