【数字で見る医療】約12~13万人

この記事は約21秒で読めます


喫煙は、動脈硬化の独立した危険因子であり、喫煙すると血糖の増加、血液中の中性脂肪やLDLコレステロールの増加、HDLコレステロールの減少等の検査異常がおこりやすくなります。

喫煙とメタボリックシンドロームが重なると動脈硬化がさらに進んで、いずれも該当しない人と比べて、約4~5倍脳梗塞や心筋梗塞にかかりやすくなります。

また、喫煙による年間死亡者数は約12~13万人と推測されています。この値は年間の全死亡者数の約1割に相当します。

厚生労働省ホームページより

関連記事

ログイン

業界最大級!

医師利用者数≪年間1万人以上≫の医師紹介サービス
エムスリーキャリアにご相談ください。

お問い合わせはこちら

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。