【数字で見る医療】5,687.9点

この記事は約27秒で読めます

33.経営単語_記事画像

平成28年(2016年)社会医療診療行為別統計の概況によると、平成28年(2016年)6月の医科の入院における1件当たり点数は、一般医療49,069.9点、後期医療52,974.9点となっている。1日当たり点数は、一般医療 3,765.4点、後期医療 2,906.5点で、年齢階級別にみると、「0~14 歳」5,687.9点が最も高く、次いで「65~74 歳」3,711.3点となっており、「75 歳以上」2,932.9点が最も低くなっている。

診療行為別の構成割合をみると、後期医療は、一般医療と比べ「入院料等」の割合が高く、「手術」「診断群分類による包括評価等」の割合は低くなっている。

厚生労働省ホームページより

メルマガ登録 受付中!

1万人以上が購読している「病院経営事例集メールマガジン」。
医療機関の経営層・事務職の方々に、耳寄り情報をお届けしています!

【メルマガ会員登録はこちら】

関連記事

ログイン

必見!「病院事務職求人.com」

求人数500件以上!
"病院事務職"に特化した求人サイトです。

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。