【数字で見る医療】合格率79.3%

この記事は約18秒で読めます


臨床検査技師の国家試験(2018年実施)結果は、合格率は79.3%(新卒者90.5%)だった。合格者数は3,828人(うち新卒者数3,572人)。

臨床検査技師とは、医師または歯科医師の指示の下に、微生物学的検査、血清学的検査、血液学的検査、病理学的検査、寄生虫学的検査、生化学的検査および厚生労働省令で定める生理学的検査を行う者を指す。

第64回臨床検査技師国家試験の結果(厚生労働省)より

本来なら接点を持てない医師に出会える、「新たな医師採用の形」とは

採用したい先生にオファーを出せるM3Careerプライム
導入後、地方の医療機関が東京勤務希望の先生を採用したケースや
クリニックが病院勤務希望の先生を採用したケースもございます

関連記事

ログイン

月額5万円で医師採用を集約化!

最新の求職者情報を見て、
気になる医師にオファーしましょう
人材紹介会社130社に求人情報を掲載できます

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。