40代医師の65%が求める仕事観は?年代別アンケート

この記事は約1分36秒で読めます

医師が仕事において重視していることはなんでしょうか?また、年代が上がるにつれてどのような変化があるのでしょうか?3,576名が回答したアンケートの結果をもとに、年代別に医師の仕事観を紹介します。

※対象は開業医ではないm3.com医師会員。調査期間は2019年8月23日~9月3日。

全年代で“ワークライフバランス”が上位

年代別に回答が多かった仕事観を見ていきましょう。(医師は自身の仕事観に近いもの3つを回答)

20代~50代までで最も多い回答は「仕事と生活のバランスをとって働きたい」。ベテランのみならず、若い年代の医師にもワークライフバランスが重視されていることがうかがえます。

30代、40代、50代という病院側の採用ニーズが高い年代の仕事観として次に多いのは「人間関係の良い職場で働きたい」。それぞれの年代で50%以上が回答しています。

また、60代以上では70%超で1位、20代でも同率4位となっています。

年代が上がるにつれて「患者さんの役に立ちたい」意識が向上

「収入を上げたい」という意欲については年代が上がるにつれて減っています。20代では2位ですが、30代が3位、40代が4位、50代と60代は5位となり、順位を下げる結果になりました。

一方で、年代が上がるにつれて回答者が増えるのが「患者さんの役に立ちたい」です。20~30代はランク外ですが、40代は5位、50代と60代以上はともに4位でした。代わりに20代~30代にのみランクインしているのは「臨床スキルを磨きたい」で、20代は3位、30代は5位となりました。

また、すべての年代の3~4位に共通して「楽しく働きたい」が並びました。

採用したい医師の年代が20代~30代の場合は収入アップや臨床スキルの向上を、50代~60代以上の場合は患者さんへの貢献度の高さをアピールすることが重要になりそうです。

<アンケート概要>

Q. 先生の仕事観に近いものを3つ教えてください

  • 収入を上げたい
  • 臨床スキルを磨きたい
  • 楽しく働きたい
  • 仕事と生活のバランスをとって働きたい
  • 研究活動に専念したい
  • 患者さんの役に立ちたい
  • 出世ができる環境に身を置きたい
  • 後輩や同僚から尊敬されたい
  • 人間関係の良い職場で働きたい
  • その他
気になる医師に自らオファーしてスピード採用

そんな医療機関が増えています。
採用成功事例記事はこちら

関連記事

  1. 広島国際大学学生論文_CCRCを取り入れるには~広島県東広島市を事例に~

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

スパム対策のため、日本語が含まれない場合は投稿されません。ご注意ください。

ログイン

【先着50施設限定】選べる無料キャンペーン実施中

医師採用「順調ではない」病院の8割が望む機能を実現。
M3 Careerプライムでかなえる“攻め”の採用活動とは?

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。