在宅復帰率

この記事は約24秒で読めます

78.経営単語_記事画像

在宅復帰率とは、入院患者の退院先が自宅等に退院した割合である。
2014年度の改定では、入院基本料の算定要件として「在宅復帰率」が加わった。たとえば「7対1」の病棟では、自宅や回復期リハ病棟、地域包括ケア病棟、在宅復帰機能加算を受けている療養病棟や老健施設などに退院した割合が75%以上であることが条件になった。
2016年度改定では、「7対1」の病棟では、新設される「有床診療所在宅復帰機能強化加算」と「有床診療所療養病床在宅復帰機能強化加算」を算定する診療所が退院先に加わり、基準が80%以上に引き上げられる。

作成:高崎健康福祉大学 木村研究室 渡辺美衣優

関連記事

  1. 2014.06.08

    歯科診療所

ログイン

業界最大級!

医師利用者数≪年間1万人以上≫の医師紹介サービス
エムスリーキャリアにご相談ください。

お問い合わせはこちら

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。