2次データ

この記事は約15秒で読めます

2次データとは、調査目的のための独自手法ではなく既に採取されたデータのこと。例えば、官公庁による統計や白書、シンクタンクによるレポートが挙げられる。情報開示の進展やインターネット等をはじめとするITの進歩により、調査目的のための2次データを収集するコストが低くなっている。しかし、知りたい形で全てのデータが揃っているわけではない点がデメリットとして挙げられる。

関連記事

  1. 2014.06.29

    後期研修医
  2. 2014.06.05

    MR
  3. 2016.03.24

    混合診療

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ログイン

「病院事務職求人.com」

事務長、医事課長…
非公開の管理職求人も見つかります。

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。