2次データ

この記事は約15秒で読めます

2次データとは、調査目的のための独自手法ではなく既に採取されたデータのこと。例えば、官公庁による統計や白書、シンクタンクによるレポートが挙げられる。情報開示の進展やインターネット等をはじめとするITの進歩により、調査目的のための2次データを収集するコストが低くなっている。しかし、知りたい形で全てのデータが揃っているわけではない点がデメリットとして挙げられる。

関連記事

  1. 2016.01.20

    新専門医制度
  2. 2014.06.29

    生産性指標

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

スパム対策のため、日本語が含まれない場合は投稿されません。ご注意ください。

ログイン

【先着50施設限定】選べる無料キャンペーン実施中

医師採用「順調ではない」病院の8割が望む機能を実現。
M3 Careerプライムでかなえる“攻め”の採用活動とは?

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。