【数字で見る医療】1,210病院

この記事は約20秒で読めます

33.経営単語_記事画像

小児科、産婦人科、産科を標ぼうする病院数は減少傾向にあり、
1995年から2014年にかけて、小児科は1,210病院(31%)、
産婦人科は835病院(42%)、産科は25病院(12%)減少している。
また、2015年10月1日現在、一般病院において「小児科」を標ぼうする病院数は
2,642病院(一般病院総数の 35.6%)、「産婦人科」は1,159病院(同 15.6%)、
「産科」は194病院(同 2.6%)となっている。

厚生労働省ホームページより

関連記事

ログイン

事務職求人ならエムスリーキャリア

全国600件以上!幅広く取り揃えています!
・大病院からクリニックまで
・病院Gr、社医法人、公立病院…
・事務長、課長、課員、他…

お問い合わせはこちら

記事カテゴリー

Facebook

病院経営事例集とは

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。