医師の職場、愛され上司と憎まれ上司の割合は? ─上司・部下の人間関係に関する意識調査 vol.1

この記事は約1分29秒で読めます

上司・部下の人間関係に関する意識調査vol1_キービジュアル
(m3.com LIFESTYLEより転載)
仕事をする多くの方が気にするであろう「上司・部下の人間関係」。m3.comが医師会員に対して実施した意識調査では、直属の上司に対して好意的な医師は約5割だということがわかりました。
今回は上司との関係について伺い、“愛され上司”、“憎まれ上司”の特徴や、上司との相性が離職に影響するかどうかなどを伺いました。全5回にわたってご紹介します。

半数の医師が上司に「続投」を希望

Q1.直属の上司に、これからも上司でいてほしいですか?(n=771)

Q1.直属の上司に、これからも上司でいてほしいですか?(n=771)

上司がいる医師のうち54%が、直属の上司に続投を求める結果になりました。続投を望まない人は16%にとどまったものの、「どちらとも言えない」が30%に上り、上司に対する評価を決めかねる方も一定数いたようです。

なお今回の調査では、「上司はいない」と回答した医師も。役職別にみると、医員で29%、医長で27%に達し、これは、大学医局からの派遣医師が「派遣先病院に上司はいない」と考えての回答とも考えられます。

Q1.直属の上司に、これからも上司でいてほしいですか?(n=771)職位別
職位別に見ると、続投を求める声は回答数22件と少ないものの研修医が83%と高く、医員になると51%に下がります。その後は医長クラス57%、科長・部長クラス51%、院長クラス56%とアップダウンが続きます。

研修医から医員で激減するのは、指導する・されるといった関係性が解消され、上司・部下関係が大きく変容することが影響しているのかもしれません。その後、医員から院長までは、「はい」が50%台、「いいえ」が10%台後半で同様の傾向が続きます。昇進して裁量が増えていっても、上司に対する満足・不満の状況はあまり変わらないようです。

次回は、今回の意識調査でm3.com会員の皆様から寄せられた、上司で居続けてほしい“愛され上司”たちの良い点をご紹介します。

【調査の概要】
調査期間:2018年6月1日 (金)~5日 (火)
対象:m3.com医師会員
回答者数:1000人

(m3.com LIFESTYLEより転載)

関連記事

  1. ネパール_カトマンズ

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ログイン

業界最大級!

医師利用者数≪年間1万人~≫の医師紹介サービス
エムスリーキャリアにご相談ください。

お問い合わせはこちら

Facebook

病院経営事例集とは

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。