【元医事課リーダーのよもやま話】「院長を出せ」と言われたら

この記事は約1分50秒で読めます

【元医事課リーダーのよもやま話】「院長を出せ」と言われたら
「院長を出せ」「事務長を出せ」と患者さんから言われることは、現場勤務の方なら一度や二度…場合によっては数多く経験されているかもしれません。わたしは外来受付の責任者だったこともあり、何度も経験しました。

ちょっとした苦情・ご意見の多くは「待ち時間が長い」といった、患者さんに対して申し訳ないお気持ちになる内容です。とはいえ、他の患者さんとの兼ね合いなど病院側の事情もありますから、そこは誠心誠意ご説明すれば、まずご納得いただけます。

ただ、一部にはクセの強いケースもあります。極端な例だと、精神科病院に赴任直後、医事課長から「自分の身を守ることを考えて行動を」と注意を受けたのが衝撃でした。実際、「今から包丁持っていく」という電話が入ったこともあります。幸い、電話主らしき人物は姿を現しませんでしたが、当時は殺傷事件がニュースを賑わせていたこともあり、終業時間まで緊張の糸が切れなかったのを覚えています。

患者さん同士のトラブルもあります。あるときは、警備の方と協力して制止に入ることもありました。警備員との連携は、医療現場において“多職種連携”の一つでもあります。実際、対応を誤ればご本人方や周囲の方々の安全にも関わります。

クセの強い患者さんに「院長を出せ」と言われたら、どうしますか?
みなさんが大事にしているポイントはありますか?

わたしは「粘り強く対応しながらも、立ち位置はブレずにいること」が大事だと感じました。

「院長を出せ」と言われても、大抵は感情が高ぶっているために咄嗟に出ている言葉ですから、現場レベルで粘り強くお相手します。まずは現場職員で一次対応をして、事の収まる気配がなければ職員に一度戻ってもらい、わたしと作戦会議。職員に再度対応してもらいます。
それでもダメならわたしが出ていき、じっくりとお話を聞くことにします。これですべて丸く収まる…と言いたいところですが、それでもご納得いただけなければ、一つ上の役職(わたしの場合は係長でした)に登場をお願いします。

対応する間、お詫びすることも多々ありますが、立ち位置がブレないように、決して曖昧にはお詫びしません。相手のお気持ちや、こちらの手際の悪さについてピンポイントでします。たとえば「〇〇についてご不快な思いをさせてしまい、大変申し訳ございません」といった風に。そうしてお相手の感情がクールダウンしてきた頃に話を進めます。

特に序盤で曖昧に謝罪してしまうと、後々「謝ったじゃないか」と言われ、こじれてしまいがちです。なんでも謝り倒すのでなく、けんか腰になるのでもなく、相手の気持ちに真摯に向き合っていると、大抵の方は次第に刀をおさめてくださいました。

【無料でも充実!好評開催中】 人事制度セミナー 全国4都市で開催!

人事制度の導入・スキルアップ助成金の利用検討など
「人・組織」への投資を検討する医療機関が増えています。
しかし、人事施策が機能している病院と
そうでない病院とで、かなりの差があるのも事実。
セミナーでは、機能させるための考え方、施策をお伝えします。
お申し込みはこちら

関連記事

  1. 医師という職業とは―医師への選択、医師の選択(野末睦)
  2. 医師という職業とは―医師への選択、医師の選択(野末睦)

コメントをお待ちしております

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ログイン

◆人事制度セミナー好評開催中!◆

11月のテーマは「ゼロから創る!人と組織を変える人事制度」
【主な内容】
・組織改革に必要な手順
・人事制度の設計・運用について
・職員の方のモチベーションアップのための施策

お申込はこちらをクリック

記事カテゴリー

Facebook

病院経営事例集とは

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。