【例文あり】採用効果を高めるためのオファー作法vol.4 ─「在宅クリニック」×「在宅医療未経験の医師」編

この記事は約6分22秒で読めます

気になる医師に自らアプローチできる、M3Careerプライムのオファー機能。しかし、実際にどのようなオファーが効果的なのでしょうか。医療機関の施設形態や求職者の希望別に、オファーのNG例と改善点を解説します。 (「M3Careerプライム」についてはコチラ
今回は、「在宅クリニック×訪問診療は未経験の医師」のオファー事例です。

目次

医療機関とオファー対象

医療機関の立ち位置:クリニック(複数施設を運営する法人)
ターゲット:在宅医療未経験の医師

オファーNG例

※オファー内容は、過去事例をもとにした架空の設定です。
※各項目はM3Careerプライムでオファー記入できる項目です。

関連する募集

訪問診療

当医師へのオファーや当該診療科の医師募集背景をお教えください

訪問診療対応強化のため

当医師へのオファーや当該診療科の医師募集背景をお教えください

訪問診療対応強化のため

当医師に期待したい業務や診療内容を、貴院の地域での役割や機能とともにお教えください

訪問診療の患者さんが増えており、診療体制を強化するため

当医師の希望条件に対して、アピールしたいポイントや条件などがあればご記入ください

自宅でのオンコール待機は、別途手当を支給。
訪問診療にご興味があれば、ご経験は問いません。

想定提示年収

未定

勤務日数

未定

当直

なし

オンコール

未定

外来(コマ/週)

未定

入院(受け持ち患者数)(件/月)

なし

ご相談可能な事項やその範囲、検査・手術といった業務内容の具体的な提示があれば、ご記入をお願いします

未入力

NGポイント

曽根原愛乃氏(エムスリーキャリア・採用支援グループ):
まず、目につくのは「未定」という項目の多さではないでしょうか。条件面が事前にわからないとなると、医師に検討してもらうことすら難しくなってしまいます。「一律には定時できない」、「求職者の経験・スキルに応じて決めたい」という場合も、求職者の年齢・勤務日数ごとに、ある程度の幅を持たせてでも具体的な年収を提示すべきです。

始めから訪問診療を希望して転職活動する医師は1%以下で、「検討可能」という医師をあわせても5%以下というデータもあります(当社調べ)。希望する医師が少ないことを考えると、かなり積極的なアピールが必要になります。具体的には、(1)アクセス、(2)ワークライフバランス、(3)キャリア(4)年収、(5)法人のビジョン―など医師が転職時に気にすると言われている項目についてはもちろん、訪問診療ならではの魅力を伝える努力が求められると言えるでしょう。

また、今回の対象は在宅医療未経験の医師ですから、具体的な働き方をイメージできるような情報提供が望まれます。たとえば、オンコール対応も未定となっていますが、一次対応から医師の業務となるのか、実際にどの程度の稼働があるかなど、実績をもとに1日のスケジュールや業務負担を明示することが大切です。また、訪問診療未経験の医師にとっては、勇気のいるキャリアチェンジですので、入職当初のサポート体制についても説明が欲しいところです。

【無料】医師一人一人に合わせてオファーができる採用ツールを試用してみる

改善例

関連する募集

訪問診療

当医師へのオファーや当該診療科の医師募集背景をお教えください

当院は、〇〇県〇〇市で急成長中の在宅クリニックです。当該エリアでは通院ができない患者様や、病院ではなく慣れ親しんだ環境で療養したいという患者様・ご家族が増え続けており、体制強化を図りたいと考えています。そこで、共に患者様に寄り添い地域を支えてくださる先生を募集しています。先生のご経歴を拝見し、プライマリケアへのご関心が高く、メリハリある勤務をご希望されている点がマッチするのではと考え、オファーさせていただきました。法人としては、当院のほかに〇県内に2か所の訪問診療クリニックを展開しており、訪問診療未経験の先生も、スムーズに診療を行えるようサポート体制を整えています。ご勤務条件もできる限り柔軟に調整いたしますので、まずはぜひ先生のご希望をお聞かせいただければ幸いです。

当医師に期待したい業務や診療内容を、貴院の地域での役割や機能とともにお教えください

当院が位置する〇〇医療圏では今後も高齢化が進み、2025年には在宅医療のニーズが現在より〇%増える見込みです。このような背景から、当院は〇年より訪問診療を開始し、常勤医〇名体制で〇名の患者様の在宅療養をサポートしています。先生には、主に定期診察として患者宅に訪問いただき、患者様のバイタル確認や、食事・排泄などの生活上の確認をふまえ、処方・アドバイスをしていただければと存じます。診療に集中いただけるよう、サポートスタッフが運転・同行・補助いたします。

●業務内容

  • 勤務日:平日4~5日/週(応相談)
  • 勤務時間:9時00分~17時30分頃
  • 診療内容:1日あたり、個人宅〇名程度の診療を想定しています(午前〇名・午後〇名)
  • その他の業務:17時頃クリニックに戻り、カルテ入力等事務作業を行います(事務員のカルテ入力補助があるので、病名確認・承認作業が中心)

当医師の希望条件に対して、アピールしたいポイントや条件などがあればご記入ください

  • 訪問診療については週4日勤務も相談可能です。定期診察が主のため、残業もあまりありません(みなさん、残業しても15分~30分程度です)ので、メリハリある勤務が可能です
  • 医師一人当たりの受け持ち患者数をおさえ、一人ひとりの患者様と向き合いながら診療いただけます。患者様に寄り添った診療をしたい、という先生にはぴったりの環境です
  • イメージを持っていただきやすいよう、面接時には診療同行も実施しております
  • 未経験の先生には、研修を実施しております。また、診療時もサポートスタッフが同行いたします
  • 夜間オンコール(手当あり)は、ファーストコールは看護師対応のため、受電頻度は約1回/週、出動頻度は2件/月ほどです。自宅待機で対応いただきます。

想定提示年収

1600万円~

勤務日数

週4日~

当直

なし

オンコール

あり(4回~/月)

外来(コマ/週)

なし

入院(受け持ち患者数)(件/月)

なし

ご相談可能な事項やその範囲、検査・手術といった業務内容の具体的な提示があれば、ご記入をお願いします

  • 年収は現収を上回るよう調整させていただきます。業務内容なども含め、ご面談にて相談させてください。
  • 先生は〇〇県内のどのあたりのエリアをご希望でしょうか?通勤時間によっては勤務時間の調整も検討いたします。また、転居を検討される場合は住居の手配や転居費用の支給も可能です
  • 夜間オンコールは、できれば1回~/週にてご相談させていただきたく存じますが、先生のご状況に応じて回数を調整させていただきます。
  • 休日の看取り対応について、ご都合が悪い場合は別の医師が対応することも可能です。都度ご相談ください。

●基本情報

  • アクセス:〇〇線・〇駅から徒歩〇分
  • 開設:〇年
  • 院長:〇〇先生(専門:整形外科/〇〇大学)
  • 連携先:〇〇病院、〇〇病院、〇〇クリニックなど

●その他勤務条件・福利厚生など

  • 休暇:有給休暇(法定通り付与)、夏季休暇(〇日)、年末年始(〇日)
  • 学会参加費、交通費、宿泊費支給あり(年間〇回が上限)
  • 定年制度:65歳(再雇用制度あり)
  • 退職金:勤続〇年以上で、60歳までの確定拠出企業年金にて支給
  • カンファレンス・委員会への参加:業務時間内でお願いさせていただくことがございます
  • 社会保険完備

改善のポイント

曽根原氏:
今回の改善ポイントは2点です。

1.訪問診療の働き方を具体的にイメージしてもらう

今回のケースは対象が訪問診療未経験の医師とのことなので、まずは具体的にどのような働き方になるのか、1日のスケジュールや業務負担をイメージしてもらうことが、ハードルを下げるためのポイントとなります。

たとえば一日当たりに訪問する患者数や、クリニックへ戻る時間、残業時間、オンコール対応の頻度などはなるべく実績ベースで具体的な数字を盛り込むことをお勧めします。また、研修やサポートスタッフ、カルテ入力補助といったサポート体制も不安払拭につながるので、アピールしておきたいところです。

2.ワークライフバランス・訪問診療ならではのやりがいなど、強みを印象づける

改善例では、基本的な項目に加え、定期診察であるためワークライフバランスを重視しやすい環境であることや、今後の見通しから安定的な経営が見込めること、一人ひとりの患者様に向き合えるといった訪問診療ならではの強みがしっかり記載されています。こうした強みを打ち出すことが、求職者への興味づけには効果的です。

前述したように、訪問診療を希望する医師は現状多くありません。しかし、訪問診療やクリニックの魅力をオファーに具体的に明示することで、訪問診療を希望していなかった先生にも検討いただける可能性があります。勤務条件の調整だけでなく、自院の強みを整理・言語化していくことが大切です。

とはいえ、どのように自院の強みを記載したら良いかわからない場合や、オファーに関する疑問がある場合には、お気軽にお問い合わせください。

※オファーに関するお問い合わせはコチラ
(回答対象はプライムをご利用いただいている医療機関様に限らせていただきます)

曽根原 愛乃(そねはら・まな)
エムスリーキャリア株式会社 医師キャリア事業部 採用支援グループ
早稲田大学文化構想学部卒業後、損害保険会社に新卒入社。保険金サービス部に配属され、全国の法人・個人顧客への示談交渉と顧客満足度向上プロジェクトを担当。その後エムスリーキャリアに入社し、医師採用コンサルタントとして全国の医療機関の採用を支援。現在はカスタマーサポートチームにて新サービス「プライム」の運用改善と医療機関の採用支援を行う。

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

スパム対策のため、日本語が含まれない場合は投稿されません。ご注意ください。

ログイン

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。